腸内フローラとは

 2015年にNHKスペシャルで放送されたことにより、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」という用語が世間に広まりました。ヒトの腸内には数100種以上、約100兆個(体重の約1%~3%)もの細菌が住み着いており、その分布が個人毎に異なることが知られています。顕微鏡で腸の中を覗くと植物が群生したお花畑(flora)のようにみえることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

腸内フローラの役割

 腸には体全体の免疫細胞の約60%が存在することが知られており、腸内フローラを良好に保つことが免疫力を向上するために、つまり健康のために非常に大切です。腸内フローラのバランス(細菌の種類や量)は、食生活、ストレス、及び年齢などにより大きく変化することが知られています。

腸内フローラを整えるには

 既に実行されている方も多いでしょうが、簡単なところではヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品を意識して摂ることが大切です。最近では酪酸菌を摂取することで、酪酸菌が作る酪酸が大腸のエネルギー源として細胞に働きかけ、腸内環境を改善することが注目されています。酪酸菌は糠漬けや臭豆腐などに含まれますが普段の生活では摂取しづらいことから、サプリメントを有効活用したいものです。薬局でも目にする整腸剤「ミヤリサン(ミヤリサン製薬)」をご存じでしょうか。1933年に宮入博士が単離した酪酸菌(宮入菌)を製剤化したもので、1970年に厚生省によって医薬品(ミヤBM錠、ミヤBM細粒)として承認されています。酪酸菌を含む整腸剤としてビオスリー(武田薬品)もありますが、こちらは含有する3種の菌のうちの一つが酪酸菌です。

 さらに、酪酸菌の餌となる水溶性食物繊維を多く含む海藻、穀類、野菜などを十分に摂取することも重要です。食の欧米化にともない水溶性食物繊維の摂取量は不足していることから、ここではヨーグルトにかけておいしく食べることができる難消化デキストリン(水溶性食物繊維の一種)を紹介します。同様の製品は多数あり、どれも効果は大きくは変わらないと思いますが、製品によって味が変わるので、好みのものを探すとよいでしょう。

酪酸菌の効能(新型コロナ対策)

 腸内に酪酸菌を増やすことが免疫力の向上(新型コロナ対策)にいかに大切かは下記の本を読むとよく分かります。この類の本は数多あり、題名が過激なために「あり得ない」とやや引いてしまう方が多いと思われますが、著者は腸内免疫の大家であり、現在、東京大学名誉教授です。ちなみに、これら本では酪酸菌の餌としてフラクトオリゴ糖(水溶性食物繊維の一種)を摂取することを推奨しています。ここでは、酪酸菌も併せて摂れば効果はよりすぐに現れるだろうということで、「酪酸菌(ミヤリサン)+ 難消化デキストリン」を推奨します。

実際に試してみた

 2018年当時、酪酸菌が注目を浴びているにもかかわらず、「具体的に何をどう摂ればよいか」に関する記事を目にすることはありませんでした。「酪酸菌とその餌を食べれば当然、腸内の酪酸菌が増えるだろう」という予測のもと、妻、子供を含めた家族3人で朝食時にミヤリサン(酪酸菌)3錠を飲み、難消化デキストリンをヨーグルトに小さじ一杯ふりかけて食べる生活を一年余り続けました。
 以下は、2019年に腸内フローラ検査「Mykinso(マイキンソー)」を実施した際の結果の一部を抜粋したものです(Amazonでも販売[公式サイトよりも安価])。期待通りに酪酸菌の腸内細菌に占める割合が平均値(12.1%)に比べて3人ともに大きく上回っていました。

私の結果

妻の結果

子供(17歳)の結果

 正確に実験するのであれば、実験前にも腸内フローラを測定して、腸内細菌中に占める酪酸菌の割合を実験前後で比較する必要がありますが、残念なことに実験前の結果はありません(マイキンソーは2018年当時、発売前であったと思われ、腸内フローラを測定することを思いつきませんでした)。

まとめ(コスト計算を含む)

 ミヤリサン(酪酸菌)3錠と難消化デキストリンを小さじ一杯食べるだけで、腸内の酪酸菌を増加させることができる可能性が示されました。是非、皆さんには腸内フローラを摂取生活の前後で測定して、その効果を見ていただければと思います。
 ミヤリサン(酪酸菌)はアマゾンで1855円(330錠)で購入できるので、1日当たり約17円(3錠)。難消化デキストリンはアマゾンで864円(400 g)なので、1日当たり約9円(4 g)。従ってコストは1日当たり26円と非常に安価です。一方でミヤリサンの1日摂取量の目安は3~9錠なので、1日当たりの摂取回数を2回、3回と増やすことでより早く効果が得られる可能性も高いと考えます(その場合のコストは~78円)。

【参考資料】
宮里祥子 難消化性デキストリンの新たな生理機能 応用糖質科学 5巻4号 p. 204-207 (2015)
赤川翔平 腸内細菌叢の乱れがアレルギー疾患の原因か プレスリリース 2021
Flora Scan(フローラスキャン)腸内フローラ検査サービス ホームページ