尿1滴のがん検査(N-NOSE)

 本検査は早期がん発見のための技術で、匂いに敏感な線虫が、全てのがん患者の尿には誘引行動を示す一方で、全ての健常者の尿には忌避行動を示すこと、及びステージ1(2 cm以下、リンパ節転移なし)の早期がんにも反応する性質を利用しています。2015年に九州大学が発表した技術が基になっており、私も、そのような技術が開発されたことを知ってはいましたが、九州大学助教だった広津崇亮氏が設立した株式会社HIROTSUバイオサイエンスが「N-NOSE」として、既にこの検査(尿を送付するだけでよく、14,800円と予想よりも安価)を実用化していることを知りませんでした。この検査では、がんの種類を特定できないことが弱点でしたが、大阪大学との共同研究により、膵臓がんにだけ反応性が変わる線虫の開発に成功し、2023年1月4日からは早期に発見するのが困難な膵臓がんを特異的に検知可能な検査「N-NOSE plusすい臓」も発売される予定です。

株式会社HIROTSUバイオサイエンHPより

株式会社HIROTSUバイオサイエンHPより

 「なんてすばらしい検査が出来たものだ」と思っていたところ、医師 森勇磨先生はデメリットを幾つか挙げています。陰性の結果により、がんが存在しないことを確認できれば良いですが、偽陽性も起こりえる中で、陽性の結果が出た場合の「ストレス」及び「次なる検査の体への侵襲性」が問題となるとのことです現状では、検査によって利益が得られるという明確なエビデンスが出ておらず、「現段階では」医師の立場としてお勧め出来る手法ではないとされています。同様な指摘は、国立がん研究センター 中山富雄 検診研究部長及び東京大学 中川恵一特任教授からも挙がっています。
 したがって、これらを総合的に判断し、検査を受けるか否かを決めていただくのが良いでしょう。